離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/10
2006 Tue
土俵決定
やっと弁護士さんと連絡がつきました。

とはいえ、朝からお忙しかったらしく、結局午後3時過ぎにようやく連絡が来ました。

仕事中、何だか落ち着かなかったです…。

で、肝心の「どこで裁判をやるか」という話の結論ですが、金曜日に出た裁判所の見解は、このまま家裁でやるということになったそうです。

一応、こちら側の主張が通ったということになり、あちらの弁護士の主張は通らなかったということになります。

どうでもよいことなのかもしれませんが、ちょっとうれしかったです。
そう何でもかんでも、あっちの言うことばかりが通るなんて許せません。
離婚裁判が始まって以来でしょうか、明確にこちらの主張が通ったのは…。

前回は、夫婦が修復可能かどうかという裁判、今回はどちらに非があるかという裁判。
あちらは前回の裁判で主張が認められたので、自分に非はないと思い込んでいる節がありますが、そうではないはずです。

次回公判は未定だそうです。

一度、裁判所がこの日と来月の初旬を指定してきたそうですが、裁判所の都合で(ダブルブッキングでもあったのでしょうか?)後日通達するとのことだそうです。
それまでに、こちらの申立書に対してあちらが出してきた準備書面に対して、こちらが反論した準備書面に対しての反論文を出してくることになっているそうです。(かなりややこしい表現になりました)
それに対して、こちらもまた反論文を書かなければいけないそうなので、どれくらい前に反論文が出されるのかを弁護士さんに尋ねましたところ、通常は裁判の一週間前までには出すものなのだそうですが、前回の準備書面(しかも2~3枚という薄っぺらいもの)は裁判の当日提出という、とてもルーズなものでしたので、今回もそうなるかもしれないことは容易に考えられます。
これは相手方の弁護士さんのせいでもありますが、おそらく本人がなかなか出さないのだと思います。
前述のとおり、昔から原稿の締め切りや人との待ち合わせなど、すべてにルーズな人でしたから…。

このことによって、1回で済む公判が2回に渡って行われなければならなくなっているという事は明白です。

ていうか、このことにペナルティはないのでしょうか?
印象は悪くなるとは思いますが…どうなんでしょうか。

いずれにしても、こちらの言いたいことは更に増えていますので、それに相手方が出してきた反論文に対する反論文を加えて書かなければなりません。
またダニの話を書かなければならないのでしょうか、それとももっとくだらないことが書かれているのでしょうか?

弁護士さんに、今後、裁判に出廷することはまだ考えなくてよいのでしょうかと訪ねましたら、私の反論文はかなり詳しく書かれているので、当面、打ち合わせもよいとのことでした。
もっとも、正確には私の反論文が詳しいのではなくて、相手方の言い分が、あまりにも嘘だらけの自分勝手な内容なので、ちょっとエキサイトして書いてしまった部分もあります。
また、詳しいということは、つまり「事実である」ということでもあるのではないでしょうか。
事実を述べているのですから、詳しくて当たり前だと思います。
どこにも矛盾などありません。

それだけは自信があります。

そうじゃなければ…私はかなりの妄想壁だということになります。

そうだとしたら病院に行ったほうがいいかもしれないです。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。