離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/29
2006 Thu
泥沼は続くらしいです
弁護士さんから裁判後に連絡がありました。

簡単な裁判内容の報告と共に、相手方から慰謝料請求で反訴されたというご報告でした。

思わず我が耳を疑いましたが、間違いなく本日付で反訴状が出されたとのこと。

…また被告ですか。

内容は、離婚裁判のときと大して変わらないみたいです。
離婚裁判のときにも精神的苦痛を味わったとして、某俳優のポスターを新婚当初貼っていたとか、家事が下手だったとか、家長としての自分に敬意を感じなかったとか、犬の飼育を見ていたら自分に愛情を感じなかったとか…あることないこと並べ立ててました。
でも、どれ一つとして、法的に決め手になるものなどありませんでした。
弁護士さんが笑ったくらいです。
そして離婚裁判では、裁判官に促され、取り消した慰謝料です。

それをまた出してきたようです。

あきれて開いた口がふさがりませんでした。

男としてのプライドってものがないんでしょうか?
恥ずかしくないんでしょうか?

情けなくなりました。

私が彼を訴えたのは、きちんと向かい合ってくれず、話し合いの舞台にも乗ってくれない奴に対して、きちんと清算をしてもらうためのつもりでした。

それが…更に泥沼化させてどうする…
私は裁判が終わったらもう関わりたくないって思ってました。
なのに…

しつこいよ、君。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。