離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/22
2006 Thu
つじつま合ってます?
先日、電話した電気会社から電話が来ました。

用件は、先日の電気の名義のことでした。

相手の承諾を得てますか?と言われたので馬鹿正直に「いいえ」と答えました。
すると「相手の承諾なしに名義を変えることはできない」とのこと。
これって筋通ってないと思います。
だって、私は承諾してないのに名義人にされちゃってますよ。
それを何度となく主張しましたが、できませんの一点張り。

対応してくださった方には申し訳ないけど、私は全く納得できなかった。
何度か電話を切っては上司に確認してたみたいだけど、どう考えてもおかしい。
あいつにできたことがなぜ私にはできないの?
お互いが了承してはじめて名義変更ができるって言ってたけど、私に名義変更されたことは、私は全く知らずに請求書が送られてきてるんですよ?

もしそういう原則であるなら、なぜ私に名義変更になっているのでしょう?
万が一、相手が、私も承諾していると言っただけで通っていたら、虚偽の言葉を鵜呑みにして本人確認せずに変更したことになりませんか?

しつこく納得できない、おかしいを繰り返していたら、直接対応した人から連絡させると言ってきた。

明日、連絡しますとのこと。
よいですが、やはりどうしても納得できないものはできない。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。