離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/23
2006 Tue
どうでもいいんだろうなぁ
一昨日、弁護士さんに訴状を見ていないので送ってくださいというメールを出しました。
が…何の返答もありません。
結局、今日も何の連絡もなく、郵便物さえ届かなかった…。

きっとどうでもいいんだろうなぁ…そう思いたくないけど思わざるを得ないです。

家は奴の名義だから、離婚が成立してしまった今、家を出て行けという訴訟を起こさせないために、弁護士さんが、「仮差押手続きをしたい」と言ってきたのは一ヶ月以上前のこと。
私はそんなに価値のある家ではないし、保証金が裁判終了後に返ってくるとはいえ、100万近くかかるという。
そんなお金あったら引っ越します…そう答えたけれど、有効な手段だから自分が立て替えてもやりたい…そう言われてお願いした。

弁護士さん変えることになったら、そのお金も返金しなければならない。
…そんな余裕あるわけない。
やめてもらったとしても、次の弁護士さんにお願いするのに弁護士費用の余裕はない。

これって、がんじがらめ状態。
弁護士さんにその気があったのかなかったのか…いまでは定かではないけれど、今の私には、金銭的にも弁護士を変えるということは不可能に近いのです。

ぐるぐるぐるぐる…どんどん深みにはまっていく気がします。
抜け出られるのはいつなのかなぁ。
もうどうしたらいいのかわからない。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。