離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/31
2006 Wed
雨の美術館
久しぶりに美術館に行ってみた。
薄暗い雨の美術館。

美術館はとても落ち着く。
何と言ってもあの独特の匂い…
匂いの記憶ってすごいな。

過去に引っ張られそうでしばらく遠ざかっていた。

だけどやっぱり美術館は好き。

知った人に会わないか冷や冷やしたけど、幸い会わなかった。

今は全く違う世界にいるけれど、やっぱり美術館は私の中では古巣。
染み付いちゃってるんだな(苦笑)

好きなものは好きなんだから、好きなままでいよう。
無理に遠ざけることはない。
自分の心が求めている安住の場所を居心地のいいものにしたい。
無理することはないけれど…美術館に行けるようになっただけ、気持ちが落ち着いてきた気がする。

乾いた心に水が注がれて潤った気がした。

自分に正直に、思うままに生きていきたい。
スポンサーサイト
05/26
2006 Fri
世の中、いろんな人がいる…
私より1ヶ月ほど遅れて入社したA子さんを交えての昼休みの会話…

A子さん:B子さん、バツイチなんですか?

B子さん:そうよ~、ずっと昔だったからもう忘れちゃったけどね!
ひとりになったらすっきりしたわ~!

A子さん:私もバツイチなんですよ~!

一同:え?!

A子さん:うちのはマザコンに暴力でしたから~♪

一同:えぇぇぇぇぇ~?!

てことで、入社1ヶ月目で、初めて彼女がバツイチであることを皆が知りました。

おまけに離婚の条件として、離婚の理由をまわりに言わない(同じ会社に勤めていたらしい)、相手が作った借金を肩代わりする…ということで、離婚したい一心の彼女はその条件をすべてのんだらしい。

DVも半端なものじゃなかったらしい。
それも外からは見えない場所に痣などをしょっちゅう作っていたのだそう。
陰険…。
うちはまだ暴力はふるわれていなかったからマシ?
おまけに借金まで肩代わりだなんて…ひどすぎ!
DVに遭っていたという人に初めて会った。

この彼女、かなり、おやじの入った子(笑)
ちなみに私より8歳ほど下なのですが、いろいろやることは豪快!
もう見てて気持ちがいいくらい(笑)
普段はとても明るいし、サバサバしている。

みんな、元気に見えていても、いろんなもの背負ってきてるんだなぁ。

みんなが「生きててくれてよかったよ~!」と言った。
私も心からそう思った。

本当にとてもそんな過去を持っていたとは思えないほど明るい彼女…。

私も全部すっきりしたら、今よりもっと元気になろう!
05/25
2006 Thu
思いがけず届いた訴状
請求しただけで、実はすっかり忘れていた訴状…
今日、届きました。

内容は、裁判のときに用意していた反訴状とほぼ同内容でした。
だからなのかなぁ…トップに離婚請求があった。

別紙に離婚請求と財産分与を取り下げたという文書があったけれど…。

で、自宅の仮差押は滞りなく受理されたようで、裁判所からの仮差押の文書のコピーが同封されていた。

こんなものなのだろうか、裁判て…。

何もかもが初めてなので、裁判における「常識」というものがまるでわからない。

被告として3人の名前が挙げられていた。

そういえば…つい最近のこと、お仕事関係の人で3人のうちの1人と同姓同名の人とメールのやり取りをしなければならなくなった。
どうでもいいし、全然関係ないんだけど、その方のお名前を見るたびにちょっと複雑(苦笑)
仕事に没頭したいのに、目に止まってしまう。
やだなぁ…

ひとつひとつ潰して行きたいのに、なぜか潰されそうになっている。
結構、よわっちだったんだなぁ…
集中力ないっていうか、つまらないことで躓いてたりして…馬鹿みたい。

まだまだ先は長いのかなぁ…

裁判もいつ始まるのやら。
05/25
2006 Thu
手続き完了
保険証と年金の切り替え手続き、仕事、半休取って行ってきた。
住民票のある役所まで電車を乗り継いで1時間30分。
電車の窓から見える風景はどんどん都会から田舎へ…。

当然ながら、本数は少ないし空いている。

この風景は以前、自宅から電車で仕事に行っていた頃、毎日ながめていた。

我が家は駅からバス、タクシーなどを使ったらえらいことになる。
なので、今回は駅前の市役所…といっても支所だけど…のみ。
初めて駅から市役所まで歩いた。
改札口を出て、久しぶりの田舎の空気を吸ってみた。
いつも車だったから、こんなにも静かなところだったなんて気付かなかった。
風と太陽の光と鳥のさえずりがとても心地よかった。
あらためて歩いてみると、駅前には小さなパンやさん。
今まで気付かなかった。

田舎は不便だけど、たまに来るのはいいかもしれない。
以前、うちに遊びに来た友人たちが声を揃えて言っていたことを今頃、実感。

手続きはあっと言う間に終わってしまった。
来月からは、社会保険になるので、その間をうめるだけなんだけど…。
これって、とぼけるつもりならとぼけられるのかな?
でも何となく気持ち悪いので、手続きしてしまった。
いずれにしても、すっきりしたわ。
05/23
2006 Tue
どうでもいいんだろうなぁ
一昨日、弁護士さんに訴状を見ていないので送ってくださいというメールを出しました。
が…何の返答もありません。
結局、今日も何の連絡もなく、郵便物さえ届かなかった…。

きっとどうでもいいんだろうなぁ…そう思いたくないけど思わざるを得ないです。

家は奴の名義だから、離婚が成立してしまった今、家を出て行けという訴訟を起こさせないために、弁護士さんが、「仮差押手続きをしたい」と言ってきたのは一ヶ月以上前のこと。
私はそんなに価値のある家ではないし、保証金が裁判終了後に返ってくるとはいえ、100万近くかかるという。
そんなお金あったら引っ越します…そう答えたけれど、有効な手段だから自分が立て替えてもやりたい…そう言われてお願いした。

弁護士さん変えることになったら、そのお金も返金しなければならない。
…そんな余裕あるわけない。
やめてもらったとしても、次の弁護士さんにお願いするのに弁護士費用の余裕はない。

これって、がんじがらめ状態。
弁護士さんにその気があったのかなかったのか…いまでは定かではないけれど、今の私には、金銭的にも弁護士を変えるということは不可能に近いのです。

ぐるぐるぐるぐる…どんどん深みにはまっていく気がします。
抜け出られるのはいつなのかなぁ。
もうどうしたらいいのかわからない。
05/20
2006 Sat
あまりにも間抜け
弁護士さんにまだメールが書けず、じっくり読み返した。
読めば読むほど不思議というか不可解。

「すでに離婚が成立しているので、裁判所から離婚請求と財産分与を取り下げるように要請がありました。」

って、弁護士さん、確か、離婚裁判で控訴しなかったんだから、当然、離婚は判決どおりに決定していたわけで、何で、そのあとに離婚請求してるの?
私、一度も訴状を読ませてもらわないうちに告訴されちゃっていたのですが、内容は間違いないんでしょうか?
ものすごく不安になってきたんですが…。

離婚成立してるのに、直後に離婚請求してるのって、おかしくないですか?

私がのんびり任せすぎなのでしょうか?
05/18
2006 Thu
雨に濡れながらお散歩してきた。

私もわんこも煮つまりきっていたから、たまには雨に濡れるのもいいかもしれない。

でも少し寒い…心も体もね。

いきなり泣きたくなった。
自分でもなぜだかわからないけれど…

おかげでまぶたが重い。
05/17
2006 Wed
弁護士さん…わからないです
昨夜、弁護士さんから返答をいただきました。

内容は「こちらからアドバイスすることは何もありません」

…無言になってしまいました。
05/16
2006 Tue
真意がわからないです
昨日、1年半ぶりくらいに、元夫なる方からメールをいただきました…。
05/11
2006 Thu
喉が変だわぁ
薬ももうかなりないし、風邪なんだかなんだかもうよくわからない状態なので、先日、念のため市販の風邪薬を買ってきた。
仕事に行くときにそれを持っていった。

風邪薬とか鎮痛剤とか、眠くなるって言うんだけど、私は全然眠くならない。

今回買った風邪薬は、「熱」が一番先に書いてあったのでチョイス。
でも「熱」が一番最初に書いてあるってことは、解熱効果が高いってことで、多分、成分は鎮痛剤に似ていると思う。
(素人判断)

で…今日、ランチの後にそれを飲んだ。

そしたら、それからずっと喉がヒリヒリ…。
ちなみに顆粒。

この感覚って、先日、顆粒の鎮痛剤を飲んだときのヒリヒリ感に似ている。
でも決して、水は少なすぎてはいなかった。
このヒリヒリ感っていうか、すっごい違和感なんだけど、ひょっとして喉がまた薬に反応してしまった???

次回からは、錠剤以外はオブラートに包んで飲むことにしよう…。

でもホントはなるべく、薬は飲まないほうがいいんだよね。

わかってはいるのだけどね…って薬中患者みたいだ(^_^;)
05/10
2006 Wed
どうした私?!
今日は朝から超体調悪し。
しかし仕事は休めない。

朝からフラフラしていた。
微熱もあるのは感じていたから熱、計るのやめて、気合を入れて出かけた。

今日は、会社にお客さんが来た。
総勢6人だったけど、わざわざ九州からお偉いさんたちが視察。

で…朝からコーヒー買いにスタバに行ったり(ポットサービスなんていうのがあるんですね、びっくりです)バタバタしていたら、上司から「○○さん、あとで皆さんの前でPC入力のデモを見せてあげてくださいね。」と言われた。
最初は「わかりました」って元気にお返事したのだけど、時間が迫ってくるに連れてだんだん苦痛になってきた。
肩は凝ってくるし、なぜか手がつりそうになってきて、普通のお仕事してても手がうまく動かない。
更に、そのうち親指がヒクヒクと痙攣を起こし始めた。

…何、これ?

意味もなく数回トイレにいって深呼吸したけど、どんどんひどくなるばかり。

で…仕方なく上司のところに行く。
「すみません、調子が悪くて、人前で入力するの、無理かもしれないです…」

上司は私の状況を少しだけ知っていてとても親身になってくださっている方なので、一瞬、驚いた顔をしたけれどすぐに「いいよいいよ、私がやるから。無理しなくていいよ」って言ってくださった。
ホントは私の仕事なのに…入力なんていつもやってることなのに…
悲しくて上司に話をしながら涙ぐんでしまった。

デモはその上司が私の代わりに汗をかきながらやってくださった。

本当に感謝です。

おまけに今日は、そのお客さんたちのためにお昼休みがかなり短くなってしまって、大学と弁護士の代理の人に連絡しなければと思いながら、またもや昼休み終了…。

しかし、今日はもういてもたってもいられず、呼吸困難になってきて、くらくらしてきた。
昼休み直後にオフィスを抜け出して、同じ階のまだ入居されていない部屋の前の廊下の陰に隠れて学校に電話した。

いつも対応してくださる方が出てくださった。

事情を説明し、こちらには保険証の返還請求しかきておらず、今現在、全く何がどうなっているのかわからないことを伝えた。
話をしているうちに呼吸が苦しくなってきて、声が震えてきた。
ここで負けるな、泣くな…そう思ったけどすでに声は明らかに涙声になってしまっていた。
きっと人事の方も困っただろうなぁ…ホント情けないです。

人事の方から、電話で、驚くべき事実を知った。
私が人事に電話をした直後に、その方は、奴に電話をしてくれた後、直接学内で対面して、私がとても困っているから早く連絡するように、また、保険証が今現在どうなっているのかという証明書を取るための用紙が事務所にあるので、それを手渡してそれで証明書を取って私に送るようにと伝えてくださったとのこと。
日数的に見て、すぐに手続きしていればすでに手元に来ているはず…とおっしゃっていた。
ただ、その後、きちんと届を提出したのかどうか…そこまではわからないとのこと。
昨日の弁護士からの返答では「保険証の返還請求」しかなかった。
そんな手続きをしているとか、そんな書類が来たとか、全く触れられていなかった。

深呼吸をしたけど、電話を切った後、もう全身の震えは止まらず、肩凝りに眩暈がひどくなっていて、もうこれ以上、平静を保っていられないと思った私は、残り少ない精神安定剤を飲んだ。
…こんなに精神安定剤が効くなんて思ってもみなかった。
しばらく我慢していたから余計だったのかなぁ。
全身の緊張が少しずつ抜けていくのがわかった。

その後、また仕事が途切れたのを見計らって弁護士の代理の弁護士に電話をした。
大学が奴に証明書を取るようにと指示してくれていること、先日の先方の弁護士からの連絡ではそのことには全く触れられていないということを伝えた。

今度は大学に電話をするよりはかなり落ち着いて話をすることが出来た。
「保険証を返還して欲しければ、早急に証明書を送付すること」という通達を出してもらうことにした。

結局、一時は早退させてもらおうかとも思ったけど、何とか定時までがんばって、早々に帰ってきた。

しかし、相変わらず、裁判がいつになるのかは不明…。
05/09
2006 Tue
君は何モノ?
連休中に弁護士に保険のこと、保険証のこと、扶養のこと、裁判のことについて相手方および裁判所から連絡が来ていないか、問い合わせのメールをしていましたが、連休明けてもなしのつぶて…。
今日も仕事は連休明けということと昨日から新人さんが入ってきていてその対応に追われていました。
言い訳になっちゃうけど、気づいたら夕方の帰る時間になっていて、結局、弁護士に連絡はつけられず、仕方ないので家に帰ってきてからメールしました。

お返事はものの1時間もかからずに返ってきました。

「相手方から保険証の返還請求がありました。また、電気、ガス、水道は15日で止めると通達がありました。保険証を返還しないと失効証明書は発行されないものと思われます」

だそうです。

あの…知らぬ間に勝手に扶養からはずしておいて、そのことすら何も伝えてもらえなかった。
何言ってるの?
保険証なんて返還しなくたって紛失届出せばいいだけでしょう。
どうせ「遠隔地被保険者保険証」なんだし。

あなたが言えないんだったら、私が直接、職場にお電話して事情を話して謝ってあげます。

あとはよろしく…。

ちなみに、裁判の期日については弁護士からの返答の中に書かれていなかったので、再度、問い合わせのメールを出しましたが、いまだにご返答ありません。

訴訟って、起こしてからこんなに期日が決まるまでに時間がかかるものなの???
05/07
2006 Sun
インターネット復活しました♪
長い長いトンネル、やっとひとつ抜け出しました。
久々に見るこの画面、一瞬、どうやって記事投稿してたんだっけ?って思って一瞬あちこち探しちゃいました
インターネット接続、申し込んでから一ヶ月…遅すぎです。
モバイルだと、どうしても書きたいことが書ききれず、ストレス溜まってました。
何だか視界がやっと開けた感じです。

さて…本日、奴の勝手な行動のために「実印無効のお知らせ」なるものがお役所から転送されて旧姓宛でこちらに来ました。
つまり、姓の変更届があったので、もうあなたの姓の実印は使えませんよ、だから実印登録証を速やかに返還してください…って。
いや、もうすでに、旧姓ではなくそのまま姓を名乗る手続きしたんですけど…。
だから離婚届出すときに、一言聞いてよ、こういう面倒なことになるんだから(怒)
平日にあっちの市役所に行くのなんて不可能に近い。
元に戻しましたと言ったところで、もう一度登録しなおしってことでしょ?
てことは、結局、役所まで行かなきゃ行けないってことじゃない?!
どうしてくれるのよ。
裁判が終わるまでは転居届を出す気はないし…。
まぁ、実印なんてほとんど今のところ使わないから、裁判が終わるまでとぼけちゃってもいいんだけど…。

それにしても保険証や保険は本当に困る。
早くどうにかして欲しいのだけど、いまだ弁護士さんから連絡がないってことは、あっちから連絡がないって事。
連休の狭間の平日に弁護士さんにメールを送っておいたけれど、何の返答もない。
今朝、頭の痛みで目が覚めた。
このところ、頭痛で目が覚めるっていう日がたまにある。
相変わらずの微熱だし。
で、病院からもらってあった、一日1包にしてくださいと言われている強い鎮痛剤をそのまま水で飲み干したら、朝から喉や胃がおかしい。
何だかヒリヒリしてる。
胃薬も飲んでみたけど駄目…。
鎮痛剤がないのも困るんだけど、この状態も結構つらいです。
といいつつ夜更かししてしまいました。
今日はこの辺で寝ます。
目もヒリヒリしてきました(苦笑)
05/05
2006 Fri
ライフライン
GWに突入し、先日、前の家に荷物を取りに行ってきました。
ライフラインはまだストップしていませんでしたが、片付けをして荷物を積んで帰り道、何だか悲しくなってきてしまいました。
お隣のお宅は相変わらずのにぎやかさ。
普段の日常生活。
ほぼ同じ時期に引っ越ししてきて、当然だけど今のこの違いを想像できなかった。
今更、何がどうだったのかなんて考えたって仕方ないというのはわかりきっていることだけど、荷物がなくなっていく家を見ていると、初めて家を見に行ったときのことがどうしても思い出される。
あのときも当然ながら何もない家だったから。
庭は前回にも増して雑草だらけ。
この時期からどんどん草が伸びる。
いつもなら、シルバーさんにお願いしてしまうのだけど、その際にこちらで用意しなければならない市指定ゴミ袋が1月から急に6倍の値段になった。
そしていつも20枚は軽く使うし、一日がかりなのでその日は家にいなければならない。
元気に育っていく雑草たちに、いつの間にか負けてるハーブたち。
ハーブも雑草だけど、やっぱり手を入れてあげないと自生の雑草には負けちゃうんだな。
そんなことばかり考えてる自分に喝を入れようとしても、力が湧いてこない。
とりあえず、積めるだけ荷物を積んで戻ってきた。
帰りの車は大渋滞。
GW中にもう一回、往復するつもりだけど、今日は朝から調子悪い上にUターンラッシュのピークだとか。
明日はやっとインターネットの工事が来るのと友人が遊びに来る予定なので、結果、明後日しかない。
しかし荷物をかたづけているといろいろ出てくるから、余計に虚しさと腹立ちが涌き上がってくる。
そしていまだご返答のない扶養関係のこと。
病院にすら行けない。
もう薬は残りわずか。
当然、なるべく飲まないようにはしているけど、どうしようもない時もある。
この状況すらストレス。
悪循環な毎日…。
いつになったらまともな社会生活が送れるの?
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。