離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/26
2006 Wed
私は誰?
本日、役所に行って参りました。
姓は旧姓に戻され、本籍は実家にされていました。
やはり、通常、裁判離婚でも、離婚後どうするかは話し合われると役所の方に言われました。
年金や保険証の手続きもしたかったので話を聞きましたら、共済組合の扶養を抜けた証明書がいると言われ、そのための申請書を送付してもらうことにしましたが、あまりにも勝手なことを私の意志を無視してされたことと、実際、扶養はどうなっているのか知りたくて大学の人事部に問い合わせをしました。
人事部も、保険証から私の名前を削除してくれと本人から届け出があったのは、1ヵ月以上も前であるにもかかわらず、最近のことだったようで、話し振りから困っているような感じでした。
事情を説明し、病院にも行けず困っていると話しましたら、本人から今現在、どうなっているのか連絡するように人事部から言ってくださるとのことでしたが、本来、扶養から外れたら来るはずの書類がまだ来ていないということで、実際どうなっているのかわからないとのこと。
それがないと私は国保や国民年金の手続きができないのだそうです。
とにかくこちらから問い合わせないかぎり、何も言ってこないのと病院に行きたいのに行けない現状を伝えましたところ、大至急、連絡するように伝えてくださるとのことでした。
もし、明日、明後日中に連絡がなければまた学校に連絡するつもりです。
私は人間扱いされていると全く感じないのは気のせいかしら。
保険証すら取れず、病院にも行けず、年金すら払いたくても払えない…。
自分のことなのに、そんなことすらできないってどういうことかしら…。
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。