離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/25
2006 Tue
知らなかった
つくづく自分の無知さを思い知らされ、また相手の非情さを感じました。
今日、役所に電話して、離婚後も苗字を変えないようにする手続きはどうしたらよいか聞きました。
普通、離婚裁判でも、離婚後、戸籍をどうするか話し合うのだそうです。
うちの場合、そんなことは当然、一切話し合っていません。
つまり、今、私の戸籍がどうなっているのかすらわからないのです。
相手方が籍を抜いたときに、私の戸籍をどこにしたのか、婚姻中の戸籍謄本を取らなければわからないのだそうです。
それを取って初めて今、どこに戸籍があるのかわかるのだそうで…。
そこから、年金やら保険の手続き、苗字を変えない手続きが始まるとのこと。
こんなの郵便でやっていたら何日もかかってしまいます。
役所に行けば1時間くらいで済むそうなので、明日、すべての手続きをするために役所に行くことにしました。
ちなみに籍を抜いた段階で戸籍上は旧姓に戻っているとか。
てことは、正確には今は偽名使ってるってことになる?私ってば…( ̄∇ ̄|||)
そんなことになっているなんて、知らなかったとはいえ、この1ヵ月の私は何だったのかしら?
すべては明日、役所で判明、解決します。
でもいくらなんでも、届け出しましたくらい、連絡するのが常識じゃないんですかね。
まぁ、普通じゃないのは重々承知してましたけど、ここまで無責任とは…。
私も引っ越しやら何やらでそれどころではなかったので、うかうかしていました。
知らないって怖いわ~
スポンサーサイト
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。