離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/23
2006 Mon
和解交渉の結果(概要)
今日、弁護士さんに電話をして、和解交渉の経過を聞きました。

結論…あっちもこっちも一歩も譲ろうという意思は全くなし。(当然)

こちらがつきつけた現状については「反論文を書いてくる」とのご返答だったそうで、一体あれらについて何を「言い訳」してくるのか、楽しみです。

判事さんからは、今現在の状況からして、復縁はまず考えられないので、離婚を前提としてこちらから「反訴」して、損害賠償請求をするという形にしたらいかがでしょうかという提案があったそうです。
その場合、相手方女性についての損害賠償は別件なので、第一審…つまり地方裁から始めるということで、そうなると、もうあっちもこっちも裁判だらけです(苦笑)

しかしすごいなぁ~、こんだけつまんないことで、ここまでもつれ込むって…内容からして「高裁」で争うような内容でも何でもない気がするのですが、ここまでだだこねて、何の得になるんでしょうか。

別に私は不当な請求をしているわけではなく、現状では「引越しすらできません」と言っている訳で、それを何度も文書で訴えているにもかかわらず、無視しつづけ、愛人を作って浪費を続けている男…あなたは人間の心を持っているのですか?

ちなみに家については、夫名義のものである限り、本人がイエスと言わない限りは「現金で財産分与できないなら、家を私名義にしてください」と言うこともできないそうです。
だったら愛人との密会部屋ばかり通ってないで、せめて自分名義の家の補修くらいしてくださいよ、大家さん。

この後どうするかは、ちょうど弁護士さんがお出かけするところに電話をしてしまってお時間がなかったので、ご報告だけ今日は終わったので、後日また相談ということになりました。

はぁ…まだまだ先は長いです。
スポンサーサイト
01/23
2006 Mon
ネットでお部屋探ししてみたよ
もう頭ぐっちゃぐちゃ。

当然、ペット可のところしかないんだけれど…。

っていうか、エリアすらまだ完全に絞り込めてない。
単に「今より田舎じゃないところ」って、ものすごくいっぱいあるよ。

それより、今調べてどうするっていう気もする。
いつ終わるとも知れない裁判がこれからあるというのに…。

ていうか、お部屋探して、引越しして…とかいろいろ考えてたら、ものすごくめんどくさくなってきた。
何か、裁判よりめんどくさいんじゃないかっていう気がしてきた。
いや、絶対にめんどくさい!

収入とモノはいっぱいあるけど、お金はないっていう道楽坊ちゃんが、引越しするための援助金すら出す気配はない。
引越代くれないなら、この家、もらっちゃおうかな…で、ローンはあんたが払ってって…どうせ住んでないんだし、いくら名義は奴のものでも一応、私にも所有権はあるわけだし。
頭金だって出してるのにそれも返してくれそうにないし…。

だんだん、それって…ずるくない???って思ってきちゃった。
だってさぁ~

私:法的に有責者じゃない、むしろ被害者
奴:法的に明らかに有責者

私:ほとんどバイト程度の収入、しかも不安定
奴:大学の先生

私:この家出て行け、家はオレのものだと言われている
奴:職場が真裏の実家に家賃なしで住んでいる。
  おまけに本(彼女)の研究、保管のために月10万円のお部屋を借りている

その他諸々…何か、ものすごぉ~く不公平!!!って、わかってること更に並べてグチグチ言っても仕方ないんだけど。。。

ここに来て、いざ具体的にこの先のこと考えると家賃って馬鹿にならないよぉ。

今、考えても仕方ないことは考えないことにしよう…。
どうしようもない。
このまま考えつづけても、どつぼにはまっていくだけ。

…でも、こんな時間になってしまいました。

寝ます。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。