離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/17
2005 Tue
なぜ~?
裁判も一山超え、また新しい…代わり映えのしない一週間…。

ストレスからもこれで少しは開放された…と思っていたけど、体はどうもそうはいかないらしい。
ある意味正直なのかな。
もともと私は胃腸は弱くない…つもりだった。
それが、今日はずっと胃痛…。
まあ、摂食障害を起したくらいだから、慣れてはいるけれど…寝なくていい時間に意識を失い、やろうと思ったことが全然できなかったりしている。
今日は7時過ぎまでは意識があった。
…その後、あまりよく覚えていない。
そしてこんな時間。

なんでぇ~?!

そして仕事の時間以外は、ずっと終わってしまった裁判のことを考えている…。
何かしくじったようなことは言っていないか…どんな判決が出るのか…そんなことばかりを考えている。
終わったことを考えても仕方ない…でも、まだ結果は1ヶ月以上も先…。
昨日は恥ずかしくてかけなかったけれど、正直言って、判決って、アホな私は、少々お待ちください…で裁判官が消えて、数十分後に「では判決を…」と言われるのかと思っていた。
それが一ヶ月も先~?!
裁判なんてそんなもんなのね…時間がかかるわけだわ。
調停が始まってからはや半年…。
いい加減、この生殺し状態からどうにかして欲しい…そう体は悲鳴をあげているのかもしれないな…。
スポンサーサイト
05/15
2005 Sun
裁判終了しました
裁判、終了しました。
いろいろはげましてくださった方々、ありがとうございましたm(_ _)m

結論から書きますと、判決は来月だそうです。
よく考えたら、私にははじめての裁判でしたが、前2回弁護士さんどうしのみが出席の裁判でしたので、今回は3回目でした。

05/12
2005 Thu
いよいよ…
いよいよ、出廷の日が明日になりました…。

心境は…複雑です。

弁護士さんは…勝つ気満々というか、矛盾だらけの夫の原動を叩き潰してやりたいみたいです。
お話しにならないと言っていました。

05/12
2005 Thu
インクリボン買いました
「ひどすぎる!」

これが、本日、弁護士さんからかかってきた電話の第一声でした。
05/11
2005 Wed
インクリボ~ン!!!
本日、弁護士さんから、相手方の弁護士さんからの「陳述書」がやっと届きましたとFAXが流されてきました。
ページ数13pくらい…多分…。
というのは…途中でうちのFAXのインクリボンが切れてしまったから、途中までしか受信できませんでした。
途中というのは、最初の2ページと最後の2ページ…そしてリボンが終わったと思われる数行1枚…。
時間的にもインクリボンを買いに行ける時間でもなく、ワインを1杯飲んでしまっていた私が車の運転をできるわけもなく…本日は断念です。

05/09
2005 Mon
精神安定剤
裁判が近づいているせいかな…ここ数日、お酒飲んで薬飲んで…体に最悪なことやってた。
いつもは精神安定剤は、極力、症状が出ないときは飲まないように努力しているので、病院の日でも余っていた…。
なのに…今日はもうない…。

どういうことぉ?




05/08
2005 Sun
絶対に変だ!
プライベートながら…
一昨日、弁護士さんのところに行ったときに寝室のことを聞かれました。
以下、当日の会話…

弁:ご主人は帰ってこられた時はどこで寝ていたのですか?
私:寝室か酔っ払ったときはリビングのソファで、起しても起きないので布団かけて寝かせてました。夜中に寒くて起きると寝室に上がってきていました。
弁:寝室って一部屋ですか?
私:そうですけど?
弁:シングル二つですか?
私:いえ、ダブルですけど…
弁:はぁ?

そういえば、普通は別居とか離婚とかって家庭内別居あたりから始まるような気がする。
うちの場合、離婚届を形だけでも書きましょうと言って奴が市役所から持ってきて書いたその日の晩もいつものようにダブルベッドで普通に一緒に寝た。
私は弁護士さんに聞かれるまで全く変だとは思っていなかったのですが…よくよく考えると変ですよね。
私もおめでたいにも程がありました…。
05/07
2005 Sat
予行演習
昨日、弁護士さんと、裁判前の最終打ち合わせに行ってきました。
連休の中日(私は気分的にGWは終わったような気がしていたのですが(笑))とあって、弁護士さんと思う存分お話しさせていただくことができました。
(2時間半もお話させていただきました)
で…打ち合わせ後、早速、その後、弁護士さんは裁判のシナリオ(うちの弁護士さんからの私への質問と模範解答(笑)と、夫への質問(言い方は悪いですが「罠」)を書いてくださり、メールで送ってくださいました。

05/02
2005 Mon
自分ちにあるのに…
結局、別棟の鍵は…鍵屋さんでも開けられませんでした
壊して別のシリンダーをつければいいらしいのですが、弁護士さんに相談したところ、それはちょっと今の状況ではまずいということで、裁判終了後に対策を考えます。
自分ちの敷地内にあって、自分のものが入っているのに入れない…しかも鍵を持っている奴は開けてくれと言っても無視…。
まあ、急ぐものが入っているわけでもないので、別にいいですけど。
…ってこんなのんびりしているから、なめられちゃうのかしらねぇ…。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。