離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/25
2005 Mon
鍵あけてくり…
昨日、夫にメールを書きました。
夫が勝手に鍵をかけて合鍵を渡してくれない別棟の鍵をGW中にあけてくれるように…。
だって、まだあの中には私のものも入ってるんです。
出して欲しいもの言えば出しておいてやるって…そんなの具体的に何って忘れてるものもあるし、そのたびにいちいち夫を呼びつけても、前回なんて連絡してから10日後でしたよ…。
だから、GW中に私の実家の家族も来るので開けてくれってメールしました。
どうせ返事など返ってこないだろうけど。
で、もし開けてくれなかったら、鍵屋さん呼んで開錠させていただきます…って書いた。
もちろんその場合の費用はそちらに請求させていただきます…とも。
ついでにそのメールのコピーも弁護士さんに報告しました。
ご心配なら、立ち会ってくださっても結構ですとも書きました。
うちの家族勢ぞろいしているところに立ち会えるものなら来てみなさいよ。
ちなみに母屋の鍵は鍵やさんでも開けられない鍵に換えて貰いましたし、「壊れたので換えます」と事前通達して了承も得ていますし、なぜか何も言っていないのに夫側から「合鍵を作る気は毛頭ございません」と訳わからんメールももらっているし…。
正直私にとっては賭けの鍵交換でした。
合鍵くれといわれたら渡すつもりでおりました。
しかし、見事に夫は自爆してくれたわけです。
ちなみに別棟の鍵は、鍵屋さんに開錠可との返答をもらっていますので開けられます。
(けちなので、安い鍵つけたらしい…)
その辺が甘いんだな…。

お坊ちゃま育ちはツメが甘い…お勉強ばっかりできても駄目よん。
スポンサーサイト
04/22
2005 Fri
気持ち悪い
一時期、治りかかっていたのだけど、また摂食障害になりかかっている…気がする…。
「お腹すいた」が来ないのだ…。
ずっと胃が重くて気持ち悪い…。


04/20
2005 Wed
睡眠
昨夜、またちょっと、寝られそうな気がしたので、薬を飲まずに寝てみました。
快眠のためのアロマも焚いて…

04/19
2005 Tue
昨日の続き
昨日の弁護士さんと話の続きを書きます…。

昔の離婚裁判ていうのは、普通、婚姻破綻の原因を作った側からの申し立てというのは受け付けられませんでした。
しかし、ここ数年、婚姻破綻の原因を作った側からの申し立ても受け付けられるようになったとか…。

04/18
2005 Mon
弁護士さん来ました
本日、弁護士さんが自宅の撮影のためにいらっしゃいました。

昨夜、お酒を飲んで薬を飲んだせいでしょうか…朝、知人からの電話で起されるまで起きませんでした…。
起きても薬が残ってる感じでぼーっとしてました。
薬が残ってるとわかります。
口の中で変な味がしているのです。
…どの薬のせいなのかわかりませんが、以前、合った薬を模索するために何種類か試したとき、飲んで効いてくると口の中が苦くなり、それは効いている間中続き(約12時間)、やめてもらったことがあります。
口の中って敏感ですね。

04/17
2005 Sun
私が辛いのは…
過去を思い出すことです。
裁判の陳述書を書くために、封印したつもりだった過去の扉を開かなければいけないこと…。
それもいい思い出ばかりなんです。
なんでこんな風になってしまったのか、未だに私にはわけがわかりません。
04/17
2005 Sun
またもや
陳述書に加筆の一日でした
弁護士さんに「完成しました~」といきがって原稿を送信いたしましたし、昨日もここに「完了!」なんてウキウキ?しながら書きましたが…さすがプロの先生です…。
そのまま、また、「もう一度読んでみてください…また何か思い出されるかもしれませんから…」とご返答が…。

おまけに本日は、いつも相談にのってくれる友達がいまして、彼女がうちのわんこが穴をあけてしまったカーテンを補修しに来てくれました
いやぁ、私、情けないことに針仕事は全然駄目なんですよねぇ。
最初、ボンドでくっつけてみようかと思ったのだけどレースのカーテン…そんなにうまくいく訳もなく…ついに裁縫上手な友達にへるぷみーしてしまったのでした。
やはり、弁護士先生をお通しするお部屋のカーテンにわんこがあけたでっかい穴があるとちょっとねぇ…(~_~;)
とにかく持つべきものは友達です!
ホント、感謝感謝、ありがとですm(_ _)m

でもって、不思議なことに私が昔ぽろっと話した愚痴話とかを彼女は覚えていて、何気に「そういえばさ~」って話してくれるんです。
で、そだそだ、そんなこともあった!って加筆、加筆、加筆~!!!
かなり厳選したつもりでしたが、それでも1ページ分くらいは増えてしまいました。
愚痴ではなく、あった事実を客観的に書いたつもりです。
それを夫は否定するか、都合のいい言い訳をするかどうかはわかりませんが…。

とにかくもう一度読み返してみてくださいという弁護士さんは、プロですね。
(って、こんなこと言ったら失礼かしら)

とにかく月曜日までには、思い出したことを吟味して書き足します。
絶対に負けるもんか~!!!
04/15
2005 Fri
陳述書加筆完了
陳述書の加筆訂正がやっと完了した。
弁護士さんの作ってくれた文章に加筆訂正しただけだけど…。

04/12
2005 Tue
憂鬱
昨日の朝の地震に始まり、天気は悪いし、憂鬱です

今日は病院の日でした。

04/11
2005 Mon
嘘つきは泥棒のはじまり
週末、両親が来ていました。
情けないことに、体力と気力がなく、150坪の土地と家の中の管理をもてあましてます。
(田舎ですから…)
で、弁護士さんが、来週、家の状態を写真を取りにくるというので、家の中の片付けをしました。
お庭はシルバーさんにお願いして2日がかりで木を切ってもらったりしました。
家は、母が来て手伝ってくれました。
といっても、私は土曜日は仕事が午後から入ってしまっていたので、帰ってきたら母はほとんど片付けてくれていました…年期が違うのか…感謝です。

日曜の午後は母と弟と出かけ、友達の家に行き、母たちはそのまま帰り、友人とファミレスで閉店(2時)までおしゃべりして帰ってきました。
帰ってきてびっくり…家にあった車が見当たりません。
置いてあった夫の車です。
…また黙って来た…とっさにそう思いました。
多分、このまえの「頭おかしいんじゃないの」メールの彼なりの無言の反抗?なのでしょうか。

見た瞬間、自分が冷静でいられなくなっていました。
体に震えが来て、呼吸困難になりました。
薬を飲み…あとはよく覚えていません。
でも落ち着いてきて、朦朧となりかかってしている中で、夫にメールしました。
ひとこと、大学メールにおくってあげました。
「知っていますか?嘘つきは泥棒のはじまり」っていうんですよ。
…って…。
04/08
2005 Fri
陳述書(案)完成
さっき、やっと弁護士さんが作成してくれた「陳述書」の訂正、加筆が終わった。
書いているうちに肩凝りと酸欠になってきた…。
でもがんばったわ
やっと弁護士さんに送信した。

夫に書いた昨夜のメールもご参考に…と添付した。

書き出し…「頭おかしいんじゃないんですか?」

内容は、いつもと同じ、自分が言ったこと何一つやってくれないじゃないですか、自分の言動にもっと責任もちなさいよ!
04/07
2005 Thu
肩にのしかかるもの
昨日は、明るく振舞っていたけど、やはり肩に重いもののしかかってきている…。
裁判に向けてのこちらの主張の見直しと訂正。

04/05
2005 Tue
写真撮影の謎
今日、弁護士さんと電話連絡をした。
夫側からの夫の預金通帳のコピーの謎…特に裁判所から提出を求められたようではなく、あちらの弁護士さんがいきなり送ってきたものだそうで、いったい、何の意味があるのかうちの弁護士さんもわからないとか。

04/04
2005 Mon
弁護士さん来訪予定
今日、弁護士さんからお手紙いただきました。
夫の昨年7月ごろからの預金通帳のコピー(裁判所命令で提出させられたのだろうか…不明)と、今の家の状態を写真撮影するように裁判所からうちの弁護士さんに依頼があったので、撮影にわざわざこられるとのこと…。
こんな田舎までご苦労様ですm(_ _)m
…多分、夫の主張にあった「犬によって家は激しく汚損され、糞尿の臭いただよい…」ということの事実確認ではないかと…。

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。