離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/30
2005 Wed
来た
一昨日、遅れに遅れていた裁判所からの双方の「主張及び争点の整理(案)」が、弁護士さんのところに送られてきたものが、ファックスされてきた。
スポンサーサイト
03/23
2005 Wed
メールその後…
夫から昨日のメールの返信が来た。
あまりにも自分に都合のいい言い訳だらけの嘘のメールにあきれた…。
もういい加減、あきれるのにも飽きた…。



03/22
2005 Tue
再びメール…
今日は病院だった。
今、少しずつではあるけれど薬を減らしてみてきている。
さすがに睡眠薬がいっぱいで先生も心配になってきたらしい。
もっとも、ロングの睡眠薬はよっぽど疲れて次の日も休みたいときにしか飲んでいないのだけど…。


03/18
2005 Fri
あの日…
夜中の2時過ぎ…寝ようとして、ふと玄関のドアが気になり、忍び寄って覗き窓から恐る恐る外を見た。
風もないのに何かが動いているのがわかった。
薄暗くてよく見えなかったがドアの向こうに夫がいるのがわかった。

03/16
2005 Wed
さっき
何気にファックス機を見た…
ファックスが来ていた。
「昨日は体調が悪くて動けずいけませんでした。本日、深夜、行きます。」
メールじゃなくてファックスかぁ?!?!
普通紙だし紙もインクリボンももったいないじゃないかぁ~!(って冗談だけど…)
なぜ、携帯メールに大学からでも送ってこないのか…。
まあ、さすがに携帯からメールしたらせっかく変えた携帯メールが私にばれちゃうもんね。
…でも何の意味があるのだろうか…。
単に不便なだけじゃないかなぁ。
それに私は脅したりしているわけじゃない…。
夫がやってくれると自分から言い出したことをやってくれないので、どうなっているのかというメールを数通送っただけ…。
それで追い詰められているというの?
私には彼が自分で自分の首を絞めているとしか思えない…。
哀れにさえ見えてくる…。

03/16
2005 Wed
結審
次回の裁判での結審の可能性については、弁護士さんの返答は、裁判官が判断するに十分な状況証拠が揃っていれば結審ということになるらしい。
たった1回ですかぁ???
もちろん、不服なら控訴しますが…。

03/13
2005 Sun
わけわからん
先日、火曜日以降、夫に何通かメールを送った。
生活費のこと、別棟に入っているものについていつ開けに来てくれるのか…約束の日はもう過ぎてしまいますとか…ごにょごにょ…まぁ、4通くらいかな。


03/09
2005 Wed
Childish
多分、夫にはこの言葉がぴったりだと思う…。
その場限りの思いつきで行動し、何でもかんでも自分の思い通りにならなければ気がすまないし、自分は絶対に間違っていないと思っている。
そして欲しいものは何でも手に入れなければ気が済まないし、手に入ればあとは手入れをしない…。

03/08
2005 Tue
記念日
私は結構、記念日とかクリスマスとか誕生日とかにこだわる。
その日はひとりで過ごしたくない。
やっぱりさびしんぼだ…(笑)

03/08
2005 Tue
週末のひととき…
相変わらず、夫からも弁護士さんからも何の連絡もない…。
この週末、気のおけない友人たちと充実した時間を過ごした。
美味しいものを食べたり、岩盤浴にいってリラックスしたり…。
幸せな充実した時間だった。
たまにはいいなと思った。
岩盤浴も初体験だったが、なかなかよかった。
リラックスできた週末だった。

03/02
2005 Wed
明日は
結婚記念日だ…。
そして、形だけという話で「離婚届」を夫が持ってきた日でもある。
ひなまつりに結婚式か…きっとかかあ天下になるな~そんなことを結婚式が決まったときに夫が言っていたのは何年前だろうか。

冗談じゃない…

今はひなまつりなんて日に結婚式をするんじゃなかったなんて思っている。
そして、そんな日に形式的にでも出さないからとりあえず離婚届を書けと持ってきた無神経な夫…そしてそんな夫の言葉に軽い気持ちで離婚届を書いてしまった自分が最も馬鹿だったと思う。
…まあ、これは結果論で、うまくいっていれば毎年ひなまつりに結婚記念日♪ってできたのだから、今更言うことでもないけれど…。

過去は振り返るまい…
03/02
2005 Wed
不安
夫の仕事の関係でどんどん次回裁判が延ばされていく…。
このままでは相手方の女性への損害賠償請求の時効が過ぎてしまう…。
その不安を弁護士さんにぶつけてみた。

03/01
2005 Tue
おかしいと思いませんか?
昨夜、離婚裁判をテーマにネットサーフィンをしていたら、あるブログにひっかかった…。
「よい不倫」「普通の不倫」「悪い不倫」がある…と。
つまり、夫婦が破綻していたと証明できれば「不倫は不貞として法的には追及されない場合もある」ということらしい。

copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。