離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/19
2008 Mon
のんびりにも程があった
またまた久々のアップとなってしまいました。

それだけ裁判のことが日常生活から離れつつあるということでしょうか。

さて、本日は久しぶりに弁護士さんから連絡がありました。
来週、裁判期日ですので、只今、資料作りをしてくださっているところだそうです。

確認事項は、車の査定額を証明できる資料はあるかどうか、また、婚姻費用について当時支払ってもらった分で不足分があればそれも合わせて請求しますので何かありますかということ。

車の査定額(新車価格+手数料+税金)…相手方が言っていた額は何の根拠もなく、しかも「財産分与の前倒し」ってことで全額財産分与したものとして差し引こうという算段。
私の記憶からしてもマイナス15万円くらいだったような気がしていましたが、これもまたあいまいな記憶でしかなく、何の確証もありませんでした。

ということで、購入先のディーラーに思い切って電話してみました。

購入したのは4年半前。
こちらの名前と購入期日、及びナンバーを伝えましたところ、どうやらすぐに出てきた模様。
すぐにファックスしてくださいました。
しかし、個人情報を出すのにかなり甘かったです。
私本人だったからよかったようなものの、例えば住所を聞くとかそういうこともなく、車のナンバーもこちらが言いましょうかと伝えたくらいで特に最初は聞こうともしませんでした。
う~ん…助かったけど、あんな少ない情報で簡単に流してくれちゃっていいのかなぁとちょっと不安になりました。

で…送られてきた請求書の写しを見てびっくりっ!
まず、相手方が言っていた額よりも50万近く安い。
しかも、査定額といえば、当然諸経費や税金は差し引きです。
そうすると更に30万。
つまり、相手方は80万円以上もサバ読んで上乗せしておりました。

調べてよかった。

というか、今の今まで何で調べなかったのだろう…のんびりしすぎるにも程がありますわ、自分。
と同時に、ホント、せこいというか汚いというか…またまたヤツの人間の小ささに幻滅。

また、支払い不足の婚費ということで、一方的にクレジットカードの引落先だったヤツ名義の口座を閉鎖され、額を知らせてくれれば振込みをするので私名義の口座に引落先を変更するようにと言われて変更したものの請求しても全く振り込んでもらえなかった分、実家が補填していてくれたのですが、その分についての請求をしてみることにしました。
(前回の裁判時に弁護士さんに相談してみたのですが、無理だろうといわれた分ですから、今回も難しいかもしれませんが…)

お金のことはきっちりケリつけていただかないと、このままじゃ泣き寝入りですから…。
スポンサーサイト
04/22
2008 Tue
裁判官変更
はい、まだ続いています、財産分与。

今回から裁判官が変わったそうです。

とはいえ、私はまだ一度も出廷していませんので、前職の方がどのような方だったのかはわからないのですけど…。

前回までの裁判官は、とにかく「双方の主張していることを表にまとめた上で、そこから考える」ということをしようとしていたようなのですが、こちらが提出するように求めている資料を相手方が出してこないので、全く前に進んでいませんでした。

今回の裁判官は、「とりあえず、双方が主張することをまとめてください」ということなので、また一から陳述書の作り直しとなるようです。
何だか会社も裁判も「振り出しに戻る」といったところでしょうか。

まぁ、迷ったら「原点に立ち返る」ということは大事だとは思いますが、そのために費やされる時間とお金を考えると…どうなんでしょうか。

「光母子殺人事件」

死刑判決が出ましたね。
裁判をやっている者にとって、裁判所も捨てたものじゃない…そう思わせてくれた判決ではないでしょうか。
どうか、このまま結審してくれることを祈ります。

そして、私の裁判も、「黙っていればわかるまい」的態度に出ているヤツの言いなりになることだけはやめてもらいたいと思います。
12/03
2007 Mon
お互い様
今回の引っ越し荷物を片付けながら、ついでに部屋の模様替えをしました。

引っ越し以来、初めてです。
模様替えしたら、思いの外、居心地のいい部屋になりました

それにしても、一年もほったらかしてあると、どうでもいいものは忘れてしまうものですが…どうでもよくなかったものまで記憶から抜け落ちているものですね。

まず、本。

持っていくつもりで集めて積み上げていた本が粗方なくなっていましたね。

まぁ、一年、読まなかったのだから、今更いいですけど…。

それから奴が出ていってから私が買って使っていたオイルヒーター。

奴は見覚えがないハズなのにもっていかれてました。

私が買ったペアのデザインチェアも2つとももち去られていました。
例のごとく、ほしいなら自分で買えと言われて買ったやつ。
誰とペアで使うんだかー。

どれも別にいいし、奴のように、返せと言うつもりもないですけどね。

だけど別居後に私が買ったものまで持っていくなんて、ホントせこいわって、こういうのって、お互い様なんでしょうね。

何だか自分まで卑しくなった気分。
11/15
2007 Thu
お返しいたします
株式会社●● △△営業所 御中

このたび、御社より、同封の請求書をいただきましたが、この請求について私は支払う義務がありません。
理由は以下の通りです。

① 平成18年3月●●日に私は現住所の■■市●●●に転居しておりますので、△△市×××には、ご請求年月日の平成18年5月、6月は居住していません。

② そもそもこの水道料金は、△△市×××の所持者、▼▼▼▼氏の名義で支払っていたものですが、当時、すでに▼▼▼▼氏と私は離婚していたにもかかわらず、勝手に▼▼▼▼氏が私名義に変更したものです。その理由を担当者にお話し、私は支払う義務はありませんとすでにお伝えしてあります。

よって、ご請求いただいております△△市×××の平成18年5月、6月の水道料金は、持ち主の▼▼▼▼氏が支払うべきものですので、本人にご請求ください。

よろしくお願いいたします。


            平成19年11月14日

                ★★★★



前の家の水道料金の請求がまた来ました。
ほっといても仕方ないので、理由をつけてお返しすることにしました。

ちょうど免許書換えで戸籍謄本を取り寄せていたので、引越しの証明としてそのコピーをつけました。

もう電話では散々説明したので面倒ですから…
もう帰ってこなくていいからね~!と声をかけてあげてポストに入れてあげよう。

そういえば、CSの料金もどうなったのかな。

そして、判決確定まであと1週間となりました。
まだ確定するまでは、安心できませんから。
11/10
2007 Sat
判決文
昨日は何だかひどい一日でした。

朝から仕事ではミスを連発。
途中で早退したくなりました…。

偉そうなこと言って、結局自分がミスして…情けない。
そんな日に限って開発に付き合って残業しなければならなくなり、さらにドツボで、仕事に触りたくありませんでした。

でもそれじゃ給料泥棒ですから、やることはやりましたけど…

こんなつまらんミスおかしてたら、私をかってくれていた、やめたK部長に申し訳ないです。

気を引き締めてがんばります。

さて…

そんなわけで昨夜は帰宅が11時半過ぎていました。
会社を出たときは雨はあがっていたのに、電車を降りたら雨でした。
更にブルー。

マンションにたどり着き、ポストを見ると、弁護士事務所からの大きな封筒が入っていました。

待ち望んでいた判決文がやっと届きました。

腰をすえてゆっくり読みたいと思ったので、わんこたちの世話をして、シャワーを浴びて、寝る準備をしてから封筒を開けました。

全部で14ページ。
長い、長い判決文。

その内容は、長い長い裁判で、私が「夫婦は破綻していなかった」として提出した証拠を丹念に見てくれていると充分に感じられるものでした。
私が、どの時点で提出したかということすら忘れていた内容も記載されていました。

本当にありがたかった。
途中から声に出して読みはじめ、気付いたら泣いてました。

婚姻の破綻の原因については、以下のように記載されています。

「控訴人と被控訴人との婚姻が破綻した原因は、主として被控訴人が、他の女性と2度にわたり不貞行為をし、控訴人が被控訴人の赴任先で被控訴人と同居しようとして勤務先を退職し、その準備をしていたのに、同居の時期を遅らせ、更に、突然、合理的な理由もなしに同居を拒絶し、その後、控訴人との夫婦関係の修復を求める態度を示しながら、その後、連絡を絶ち、約束した事項を実行しなかったなど、控訴人の立場や気持ちに対する配慮を欠いた身勝手な行動にあるものと認めるのが相当であり、控訴人と被控訴人との婚姻が破綻したことについて、控訴人の側に損害賠償責任を発生させるような行為があるものと認めることはできない」

長い文章です、ひとつも句読点がありません(^_^;)

犬にかかっていた経費も、多くの友人たちが証言してくれたおかげで、多大にかかっていたとは認められないと認定されました。

そして、財産分与の争点のひとつになっている車についても、このやり直しを模索している間に、私のために被控訴人が自らディーラーに赴いて購入したものであるということも書かれています。

まだ確認はしていませんが、この判決によって、財産分与の換算時期が、別居時から離婚成立時に変更になると思われます。
そして車も「財産分与の前倒しとして購入した」という奴の主張も通らなくなるのではないかと思います。

本当に、本当にこれが事実なのです。
それをきちんと認めてくださった裁判官に、お目にかかってお礼が言いたい気持ちです。

ありがとうございます。

このブログで支えてくださった皆さん、そして、このブログは読んでいないけれど、愚痴きいてくれたりアドバイスくれたり、陳述書まで書いてくれた多くの友人たちに本当に心から感謝しています。

まだ先はありますが、大きな山をひとつ乗り越えることができました。

ありがとうございました。
11/07
2007 Wed
ホントの高裁判決
本日、延期になった慰謝料裁判な高裁判決の日でした。

とりあえずダメでもがんばったんだからいいかな?って思うようにして、なるべく考えないようにしていました。

しかし、判決時間が過ぎたことにふと気付いてから、全く仕事に身が入らなくなり、頃合いをはかって弁護士事務所に電話するも、担当弁護士さんは外出中で帰りは1時間後とのこと。

落ち着かず、連絡を待っていました。

1時間半くらいたってから、携帯電話に着信。

もう覚悟を決めて電話に出ました。

判決は、ほぼ私の主張が認められ、相手方に慰謝料支払いを命じるものでした。

弁護士さんには、お礼を言いました。

これって「勝訴」ですか?

まだピンと来ていませんが、奴に、公式に「この離婚はお前が悪い」と言ってもらえたってことですよね?

夢じゃないですよね?

帰りに会社下のスタバでクリスマスグッズ買ってきました。

朝、結果がよかったら何か買おうかなって何となく思ったから。
11/05
2007 Mon
嘘ばっかり
お久しぶりです。

仕事やら何やらでちょっとばたついておりました。

色んなことがあって、ブログで文章にするにはちょっとしんどかったりしちゃってて…やっと一息ついたところです。

本日、財産分与の公判でした。

と言っても、お互いに必要書類を提出する期限という感じだったような気がします。

私は、奴の主張のおかしな部分を文書にして提出しました。
でも、金銭的なことについては、よくわからないので、私が、相手方の主張でおかしいと思うところを書き、それを弁護士さんに書面にしていただきました。

私は引越しのときに、目についた書類と預金通帳を家から持ち出しているのですが、実は今までそれをあまりよく見ていませんでした。
奴はもともとこういったものをきちんと整理する性格ではないので、きっと本人も「どこかに行ってしまった」程度にしか思っていないと思います。

そして、今回、私がその書類の山から見つけ出したもの…

奴の主張のいくつかを覆すことのできる証拠。

まず預金通帳。

「未開設」と言っていた銀行の通帳が出てきました。
それも結構な額、入っていました。
もしこの口座を閉鎖したとしたら、このお金はどこに行ってしまっているのでしょうか?

そしてアメリカの口座についても奴が主張している額と私の記憶にある額は倍違います。
私の持っている書類の中に、預金残高を示す書類がありました。
しかも、この口座は日本からはお金を出し入れすることができないので、利息がついているだけでほぼ変わらないと思います。
(ちなみにこの口座は、利息年5%くらいついていたと思います)
その額を日本円に換算すると、やはり私の記憶にある額と一致したのです。

そして、ボート。

奴は、ボート購入金額を「下取りなし価格」と言っており、別居の時点でローンの残が150万円あったと主張していました。
しかし、今回、私がみつけたボートの契約書には、購入時点でローンの残は100万円、しかも別居時にはほぼ完済していたことがわかりました。
また、私の記憶にあった「下取り価格」も明記されており、奴が主張していたボート購入価格は明らかに「下取り価格」を引いたものであるということがわかりました。

もっと早く見つけていればよかったのかなと、のんきなことを思っています(苦笑)
のんきもいい加減にしろとしかられそうです。

でも、今回、みつけたこの書類で、奴の主張はみんなひっくり返せます。
慰謝料請求とは違うので、「嘘ついていたから心象が悪くなる」というわけにはいかないのではないかとは思いますが、とにかく何でもかんでも安めに見積もる、ローン残も適当に積み上げる、そういった奴の手口がよくわかりました。

ホント、私も裁判所も甘く見られたものだと思います。
こんないい加減な口だけの主張が通るのですね。
今回、この書類が見つからなかったら、奴の主張がそのまま通るということになってしまっていたのでしょうか。

「私が持っているものが0円でないと主張するのであれば、業者を呼んで調べる手はずを整えてください」

と言っています。

これ、おかしくないですか?

0円であるということを証明するために、業者を呼ばなければいけないのはあちらではないのかと思うんですけど…。

言葉悪く言えば「財産の分捕りあい」ですね(苦笑)

でも、何でもかんでも0円、モノを売ったらそれは「婚姻費用に使用しました」

ホントおかしい。
頭おかしい。

こんなね、子供みたいに「僕のものは僕のもの、あなたのものも僕のもの」みたいなこと言われて、都合よく取り繕う…ホント、フェアじゃないし男らしくないし、人間としてどうなの?って思ってしまう。

別に「現金が欲しい」と思ってやっているわけではない。
単に「公正に分けて欲しい」そう思っているだけなのだけど…こうお金のことで争っていると自分が何だか守銭奴みたいに思えてくる。

ホント、慰謝料請求より疲弊します。
10/17
2007 Wed
高裁判決
朝は昨日の続きで地元の銀行に行きました。
開店と同時に入ったのに、結局終わったのは10時15分過ぎ。

まぁ、そんなことはよいのですが、会社に着くと何やら一騒ぎがおこっている模様。

どうも昨日、納品遅れを出した模様で客先からクレームのメールが来たらしい。

もともとその仕事はK部長と私がメインでやっていたものだったのですが、私が新規の仕事で忙しくなったのとK部長が有休消化に入ったため、E子、Y子が仕方なくやっています。
ていうかE子もY子も普段、暇だし…。
たまに仕事中にゲームやったりMIXIやったり、悪口メール送ったりしてるの知ってるし。

とにかく私は集中してやらなければいけない仕事を抱えているので、そっちの仕事は彼女たちに任せてました。

で、結局、納品遅れは、別の場所で作業したものをこちらで完全に本日納品分が完了したかどうかを確認せずに帰ってしまったために起こったことでしたので、私は、きちんと納品が完了したことを確認してから帰るようにしないとダメではないのかと言いました。

その直後のE子からY子へのメール
「件名:ムカつく~!
さっきの話、聞いてた?まるで私たちが残ってなかったことが悪かったみたいに偉そうに言っちゃってさ!そんないつ来るかどうかもわからないもの、ずっと待ってなんかいらんないわよ!誰が残るかって~の!あ~ちょ~むかつく!イライラ!!!」

Y子からのお返事
「私もイライラしながら聞いてました!昨日は休みでどんなに大変だったか知らないくせに!それに今までだってほとんどあの仕事やってないくせによくあんな偉そうに発言できるなって思ってました。大変なときだけ出てきて、普段の雑用は絶対にやらない!どんだけ私らが大変なのかわかってるのかよって感じ!えらそうに言うなよって思って聞いてましたよ。よかった、E子さんも怒ってたんですね!私だけがイライラしてたのかと思いましたよ」

だって…

悪いが私はY子が来る前はほとんどひとりでその仕事をやってました。
昨日は夕方会社に電話したとき、Y子に何も起こってないかと聞いたとき、「大丈夫です!」って返事したわよね?
昨日がそんなに大変だったのなら、なぜそのときに言わないのかしら?
それはあなたの報告怠りでしょう。
それを私は休んでいたから何も知らないくせにとは言われたくないですね。

別にあなたたちが悪いなんて私は一言も言っていません。
それは多分、自分たちのせいじゃないの?って思ってるからでしょう?
私はそういうシステムができあがっていないためにそうなったのだから
、きちんとシステム化するべきだと言ったまでです。

そして私は先日、E子が犯した失態を客先に電話をして私の名前で謝りました。
そのときE子は「社長~、謝ってくださいよ~!」って社長に泣きついてました。
客先に早く連絡してって言ったのになかなか連絡しなかったあなた。
ホントに無責任なんだなって思いましたよ。

今回も、昨日、私は休んでいましたが、私の名前で担当者に謝罪メールを送りましたよ。

それでも何か文句がありますか?

私はY子がやってる仕事を全部システム化し、仕様書を作ってきました。
あなたは単にそれに乗っかってやってるだけ。
そのほかに私は常にやらなければいけない仕事を抱えていました。
なのに、あなたは私がやっていた日常の業務すらこなせない。
ミスは毎日のように連発する。
そして定時で帰る。

そんなんでよく「私らがどんなに大変か」なんてよく言えますね。
ならば、私がやっている仕事をやってください。

その上で今与えられた仕事がきついというのならば認めましょう。

ホント、レベルが低すぎです。
どうしたら今回の納品遅れが回避できるのか、それを考えるのが先決で、自分たちは悪くないと言うことが先ではないでしょう?

くだらない!!!
もう一緒に仕事したくないです。
ダメですね。
所詮、私は人の上に立つ器ではないのです。
結局ね、越後屋の威を借り、会社の財布を握っている女は強いのです。

すみません…毒吐きました。

さて、本日はそんなことがあったので夕方まで判決の日であったことを忘れていました(苦笑)

弁護士さんに電話しました。

「昼間、裁判所から電話がありまして、判決の日を来月に延ばして欲しいと言ってきました」

えぇぇぇぇ?!

どうして?
何か考え直したいことでもあるの?!

そんな不安がよぎりました。

弁護士さんいわく、そういうことはたまにあるとのこと。
裁判官が判断するのにもう少し時間が欲しいというときにある…って、やっぱり奴の言い分をもう少し吟味する必要があるということでしょうか?

何だか死刑宣告を先延ばしされた気分です。

そんなこんなでストレスばかりな毎日です。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。