離婚裁判3年目 判決離婚後の慰謝料裁判で一審判決棄却を不服として上告、このたび、晴れて高裁で勝利を獲得しました
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/12
2007 Wed
所有権放棄
まさか…と思ってはいましたが、やはり連絡、来ました。

「AMIさんの荷物、まだ残っていますので、全部引き上げてください。引き上げた後は掃除をしてください」

弁護士さんに返事しました。

「残っているもので私固有のものは、最後にみつけた衣装ケース3箱くらいの服で、それは時間がなくて片づけられませんでした。どうしてもと言うのであれば引き取りに参りますが、破棄していただいて構いません。そのほかのものは「家のもの」と認識しておりますし、私は所有権を放棄しますので、処分するかどうするかは相手方の判断にお任せいたします。また、掃除については、相手方の行為により、電気が止められ、鍵が閉められたために部屋の中があのような状態になってしまいました。もともと二人の家だったのですから、二人でやるべきです。ですので、代理人ではなく、ご本人がいらっしゃるのであれば掃除を手伝います。日時をご指定ください」

と返事をさせていただきました。

ああ…われながらなんてかわいげのない返事だこと。
スポンサーサイト
09/15
2007 Sat
考えるだけで頭が痛い
引越しの日程が決まりません。

というのも、実家に大部分の荷物をもって行かなければならないのですが、その目処が立っていないのです。

母は驚異的に回復をし、食事以外はほぼ普通の生活をしているようです。

が、やはり体を動かすということはしんどいし、うちの実家、何を考えているのか今年の猛暑に病み上がりの母を心配して、子供たちがエアコンを入れてやると言ってもかたくなに拒否したためエアコンが入っていません。

「買えないわけじゃなくて「いらない」」

だそうです(苦笑)

一番の原因は、自分の書斎にこもらず、ずっとリビングにあるPCの前に座っている父です。
書斎にもPCあるんですよ…

エアコン入れたらさらにリビングに居座る…っていうのが、母の一番の「エアコンいらない」の理由なんですよね。

なら父の書斎にも入れてあげるよと言ってももう頑として聞きませんでした。

で、そんなこんなで、母も仕事が忙しく、実家のいらないものを片づけていないので、私の荷物が入らない…ということになっていて、もうどうしたらいいの?!っていう状態です。

母は婚礼家具は返せと言っているのですが、自分の古い婚礼家具を捨てなきゃ実家には入らない、でも捨てたくない…ってこれじゃ入るわけないです。

まぁ、気持ちはわかりますよ。
でもねぇ、どっちもっていうのは無理だし、かといってうちのマンションには入るわけないし…。
あとはトランクルームしかない。
トランクルームに入れるにしても、実家のいらない荷物だらけの部屋を片づけてそこに入るものは入れてもらいたいなと思ったり…。

でも実家は近くないし…って、「でも」「でも」だらけなんですね~(苦笑)

私はとりあえず本や写真や(中学くらいからの写真があっちに置いてあるんですよね)こだわりで買った食器と、子機だけもってきちゃった電話の本体とか(笑)そんなんを持って来たいだけなのだけどね。

玄関まわりにあるものって、ほぼ空っぽのストッカーくらいしかないし…。

何だかね、あの家に行くこと自体、考えただけで憂鬱。
手が入っていなければカビカビだらけだろうし、手が入っていれば、多分新しい人の存在がそこにあるだろうしね…

何だか…自分の意思ではなく奪われた家に行くのって…やっぱりやだな。

そこであいつはそれを自分の別荘かなんかとして堂々と使い、友達だか彼女だかよくわからない人の車を「私の家」としてとめさせてあげてるって…とってもいやです。
11/05
2006 Sun
車検です
今月、車検です。

今日、ディーラーさんに車を置いてきました。

実ははじめての車検です。

今までは、元旦那が車関係のことは全部やっていて、彼の行きつけの自動車修理工場に出していたので、どうやって申し込むのか、相場はいくらくらいなのかよくわかっていませんでした。
で、とりあえず、近くのディーラーさんを探して電話で問い合わせました。
結局、平日はお店がやっている時間に行くことができないので、今日持って行って預けて、できあがったらうちまで乗って来てもらうことにしました。

見積もりをしてもらい、エンジンオイルやオートマオイルの交換、ブレーキパッドの交換やワイパーのブレード交換などなどてんこ盛り。
まぁ、どれもこれもそろそろ交換時期だなぁとは思っていたのと、なかなか普段は交換しに行けないこともあってそのままお願いしてしまいました。
その他、新車保障2年延長の保険をかけて、税金などを入れてしめて18万円弱なり。

車検てこんなに高いんだぁ?!

おまけに来月は車の保険代。

私は一台でこんなに苦労しているのに、あいつってば何台こんなものを持っているの?
やっぱり不公平すぎる。

…って、結局はそこに行き着いてしまう私。

でもホント、車ってすっごい金食い虫なんですね。
(今頃実感している私も私なんですけど)

で…車検のために車のこと色々やっているうちにふと思い出しました。

あくまでも私に「財産分与として車を買うために現金を渡しました」と言い張っている相手方ですが、私は一度もそんな大金を目にしたことはありません。
おまけに車購入の際に、私がつけてと頼んだいくつかのオプションは「必要ない」と却下されました。
さらに、新車が来たら、それでわんこ連れて泊りがけで温泉に行こうと言っていました。
そして、相手方名義で車のディーラーのクレジットカードを作り、それで車の代金の一部を支払い、キャッシュバックを受けていました。

これってどうでしょうか?

くだらないことなのかもしれませんが、財産分与として私に渡すなら、オプションは私が自由につけてもよかったのではないですか?
その車で泊りがけで温泉に出かけようとしたのは何だったのでしょうか?
最後のプレゼントのつもりだったと奴が言うようなことだったら、その車で出かけようっていうのはあまりにも虫がよすぎませんか?
だって、プレゼント旅行なのにおまえの車で行くからっていうのは、相手にあまりにも失礼じゃないですか?
そして、離婚予定の妻の車を買うのに自分名義のクレジットカードをつくり、その特典を受けたっていうのは?

以前、クレジットカードの引き落とし先が奴の口座だった頃(もちろん、そのときはカードを使うときは奴の許可を取っていました)、カードを使ったことによって溜まった飛行機のマイレージは「私のお金から落ちたのだから、本当は私のものなんだからな」なんてこと言ってました。
そんなことをおっしゃる方が、私に渡した財産分与の分から得た特典(まぁ、大した額ではなかったとは思いますが)は自分のものなんだそうです。

私は、こんなせこいこと言いたくないです。
本当は全然どうでもいいし、とっくに忘れていたことですし、そのことを聞かされても当時は何も感じませんでした。
今更こんなことを思い出して、重箱の隅つつくようなせこいことだなって、自分でも思います。
だけど…自分の正当性をどうやったら主張できるのか?もうこんなことしかありません。

自分でも正直いやになります。
06/23
2006 Fri
家族じゃないよ…
仕事中に電力会社から電話がありました。

担当の人が話をする前に…って、違う人が電話をしてきました。
何だか予防線張ってるって感じがしました。

何で直接、対応した人が連絡してこないのかなぁ。

結局、話は1時間近くになり、埒があきませんでした。

同じことの繰り返し。

ここで不可解なのは、正確には私名義にはなっていないのだとか…。
つまり、相手方から「電気を止めてくれ」と言われたが、私がまだ住んでいるかもしれない…という話を聞いたので、担当の人がうちのメーターを見に来たけれど、メーターが回っていたので、住んでいると判断し、電気は止めずに来たということらしいです。
じゃ、何で私に何の連絡もなく、ただメーターが回っているというだけで、勝手に「住んでいる」と判断したのか…そう問い詰めましたら、「ご家族のことですので、ご家族の間で当然お話されていると判断しました」って…この前から私は何度も「もう家族ではありません」と言っているのですけど。
そして、今はもう住んでいないから、事前に連絡をもらえれば、そういうことならブレーカーは落としましたと主張しました。
相手方名義は申し出のあった時点で廃止になっていて、その後はメーターが回っているから、使っていると思われる私に確認もせずに電気も止めずに、お困りでしょうから…と判断して請求を送ってきたというのです。
つまり、書類上は「正式な契約はなされていないから、電気の無断使用」ということになり、「その間、使っていたと思われるあなたに請求をまわしました」ということになります。

それっておかしいですよねぇ…

結局、相手方の名義には了解を得ていないからできないとの一点張りなので、請求先の名前を私個人ではなくて、苗字だけにしてください、そして止めてくださいと言いました。

最後に、電力会社の方は「申し訳ございませんでした」って…

どういう意味の「申し訳ございませんでした」なのでしょうか。
いまだ釈然としないのですが、今のところ私ができる最大限の処置でした。

これで家の電気は止まります。

次はガスと水道かなぁ…

いい加減、陰に隠れた弱いものいじめはやめようよ。
ちゃんと話し合うなら話し合いましょうよ。
って、そんな勇気もないんでしょうね。

それと…電力会社の方、きちんと本人確認までしてください。
お願いですから、もう家族でもなんでもないと言っている人間に対して「奥様」「ご主人」っていうのはやめてください。

…何だかすさんでるなぁ、私…
05/20
2006 Sat
あまりにも間抜け
弁護士さんにまだメールが書けず、じっくり読み返した。
読めば読むほど不思議というか不可解。

「すでに離婚が成立しているので、裁判所から離婚請求と財産分与を取り下げるように要請がありました。」

って、弁護士さん、確か、離婚裁判で控訴しなかったんだから、当然、離婚は判決どおりに決定していたわけで、何で、そのあとに離婚請求してるの?
私、一度も訴状を読ませてもらわないうちに告訴されちゃっていたのですが、内容は間違いないんでしょうか?
ものすごく不安になってきたんですが…。

離婚成立してるのに、直後に離婚請求してるのって、おかしくないですか?

私がのんびり任せすぎなのでしょうか?
04/28
2006 Fri
法律って難しい
今日になってもまだ弁護士から返事が何もなかったので、こちらから電話しました。
お返事は何も来ていないとのこと。
で、また大学に電話しました。
すると、人事部の方いわく、通常、うちのようなケースの場合、扶養をはずれてから2週間以内に国保や年金の手続きをしなければならないとのこと。
…離婚届が出されたことすら知らなかったのだから、そんなのできるわけがない。
証明書が出されるまで、時間がかかるので市町村によっては証明書は後で、申請書だけは受けてくれる場合があるとか。
しかしうちの市は確認しましたが、あくまでも証明書が必要とのこと。
しかもまだ、共済からの受け付け書類が来ていないらしく、このままGWに突入するので更に遅れるらしいです。
てことで、その書類は学校宛に来て、本人に渡すそうなので、そのときにまた、私に連絡するように言ってくださるとのこと。
しかしいつになるんだぁ?!
6月には正社員になる予定なので、どっちが先?って感じですかぁ?
04/20
2006 Thu
まだまだ不自由生活
まだネットがつながりません。
ものすごく不便です。
いつになったらネットがつながるのでしょうか。
損害賠償訴訟はまだ期日の連絡が来ません。
離婚届が出されたかどうかをどうやったらわかるのか、また連絡は来るのか、役所に確認したところ、連絡はこないそうで、こちらから戸籍謄本請求手続きを取らなければならないことがわかりました。
私の場合、役所に行っている時間がないので郵送請求になるのですが、その際、離婚記載がある場合のみ発行願いますと書けばよいとのこと。
されてなければ、請求書類はそのまま返送されるそうです。
しかしここで大きな不安が…。
今現在、私が持っている保険証が使えるのかどうか、また、継続するかしないかは私に任せると言っていた生命保険はどうなっているのかすらわかりません。
で、そのことも確認したいので、ついでに離婚届は出されたのかどうかも確認してほしいと弁護士さんにメールしましたが、いまだに無返答。
万が一、勝手に解約されていたら約束違反だし、万が一、明日、事故にでも遭ったら、何の保障もないってことです。
これってものすごく怖いことですよね。
それに年金だって支払わなきゃいけないはずだし、そういうこと、何も調べてはもらえないんでしょうかね。
いちいち、自分で関係各所に連絡して手続き取って調べなきゃいけないんですかね?
弁護士さんが、あっちに確認してくれれば一発で終わると思うんですけど…。
てことで、この件は弁護士に投げてますが…ちゃんとやってくださいよって感じです。
03/09
2006 Thu
結婚て、やっぱり女性が損?
先日の高裁の控訴棄却で、上告はしないと決めたので、あとは離婚届を出すまでカウントダウンとなりました。
copylight © NEVER GIVE UP. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。